ネジザウルスはあると便利です

ネジザウルスはあると便利です

nejizaurusu1

 

ネジザウルスです。

 

ネジザウルスって面白い名前でしょ!

 

経験からのことですが、大体こういったんネーミングのものはいいものが多いです。

 

 

ネジザウルスもそのひとつです。

 

見た目は普通のペンチと変わらないんです。

 

どこが違うにかというと、先端の部分です。

 

ネジザウルスはよく掴む

ネジザウルスの特徴は先端の部分です。

 

この先端部分の縦に入っている溝がポイントなんです。

 

この溝があることで、縦で掴んでもビスなどを回すことが出来るんです。

 

 

経験のある方ならわかると思うのですが、ペンチでは縦方向の掴みといいうのはなかなか難しいものです。

 

縦に掴むと縦方向の溝がないのでどうしても滑ってしまって思ったように回すことが出来ないんです。

ネジザウルスのポイントは縦に溝がある

 

nejizaurusu2

 

そんな思いを解消してくれるのがネジザウルスです。

 

きちんと縦に溝があるので、ビスの頭をしっかる掴むことができます。

 

ビスのネジの部分がなめてしまうと外すのは意外と時間がかかります。

 

ペンチでは、しっかりつかむこともできないビスでもネジザウルスを使うと簡単に取れてしまうこともあります。

 

 

もちろん、錆びついているものや焼き付いてしまったものは外すことが難しいです。

 

そんな時には、レグラス ラストブリザードを使うと外すことが出来るものもあります。

 

レグラス ラストブリザード

 

 

ビスだけでなく、錆びついているネジには使えます。

 

これで外れれば余計な手間が省けますからね。

無理な使い方をすると壊れてしまいます

ネジザウルスなんですが、使い勝手は非常にいいんですが、もう少し強度があればなと感じています。

 

無理な使い方をするからなんですが、先端の縦溝の部分がなくなることがあります。
こうなってしまうとネジザウルスではなくなってしまいます。

 

もう少し強度は欲しいのですが、壊れたらまた新しいものに買い替えています。

 

使いだすと手放せなくなりました。

 

エンジニア ネジザウルスGT PZ-58

 

さいごに

ネジザウルスでした。

 

所ジョージさんもネジザウルスのファンなんだそうです。

 

世田谷ベースでも何度も紹介されています。

 

ですのでご存知の方も多いかと思います。

 

使ってみるとよさが分かりますよ。

 

関連ページ

切削油 ステンコロリン
切削油のステンコロリンを使ってみての感想です。 豆腐にはなりませんでした。
クニペックス コブラ しっかりつかむポンププライヤー
クニペックスのコブラというポンププライヤーについて書いています。
ネジを緩めるにはラストブリザード
錆びたネジを緩めるにはラストブリザードがなかなか使えますよ。
六角棒レンチはPBがいいよ。
六角棒レンチについて書いています。 PBの六角棒レンチは耐久性に優れています。
メガドラ ベッセルのドライバー
メガドラです。ドライバーの根元の部分にスパナをかけれるのがポイント高いよ!
PBのピンポンチは使いやすい
PBのピンポンチについて書いています。
LLFAテープ 配管の緊急補修に
LLFAテープは配管の緊急補修をするときに便利です。結構止まるんです。
塩ビパイプを切るなら塩ビカッター
塩ビパイプを切るのなら塩ビカッターがあると便利です。
ハードカットドリル 折れ込んだタップの除去に
タップが折れ込んだ時にはハードカットドリルを使ってタップを破壊して除去します。
エアーツール用にオイラーを買ったけどどっちむきにつけるのか
エアーツール用にオイラーを買ったんですが、取り付け方向が書いていませんですた。そこで取り付け方向を調べてみました。
シトラスクリーン 油やペンキも落ちるよ
手を洗うときにあるといいのがクレのシトラスクリーンです。油汚れはもちろんペンキも落とすことができます。
アクリルカッターはポリカを切るときにも使えるよ
アクリルカッターです。 アクリルカッターは少し切るときに便利です。 家庭ではアクリルカッターくらいで十分です。
パイプレンチはコーナーレンチを持っておくとことがおすすめ
パイプレンチですが、1本持っておくのならコーナーレンチを持っておくことがおすすめ
磁石付きのパーツトレイはあると便利です
磁石付きのパーツトレイは一つあるとネジなどン細かな部品が無くならないので便利です。