ネジを緩めるにはラストブリザード

錆びたネジにはラストブリザードを試してみて

rasutoburizado
錆びたネジを緩めるにはなかなか難しいものです。

 

捨ててしまえるものだったらいいのですが、それをこの後も使わなければならないところではどうしても外さなくてはならなくなります。

 

しかも出来るだけダメージ少なく外したいですよね。

 

そんな時に試してもらいたいのがラストブリザードです。

ラストブリザードのネジが外れる仕組み

ラストブリザードのネジの外れる仕組みは、吹き付けた時にマイナス42度の冷気を吹き付けます。
急速冷凍することで金属が縮みます。

 

金属が縮むことによってできた隙間に潤滑剤が浸透することによってネジを緩めるというものです。

なかなかのアイデア商品

冷却剤と潤滑剤をミックスさせるとはなかなかいいアイデアですよね。

 

こんな商品を形にしてくれてありがたいですよね。

 

いいアイデアでがっちりマンデーでも紹介された商品なんです。

ラストブリザードの使い方

ラストブリザードの使い方は簡単です。

 

錆びたネジに数十秒ラストブリザードを吹き付けます。

 

そのあと、数分間待ちます。

 

錆びたネジを外します。

 

この時に注意することは、外れなかった時です。

 

外れなかったとしても無理をしてはいけません。

 

無理をしてネジをかじらせてしまうと、ネジ山まで壊れてしまい修理するのに時間がかかってしまいます。

 

経験のある方はよくわかると思うのですが、ネジ山が壊れてしまうと直すのは結構大変です。

 

そうなたないためにも、できるだけネジは壊さないようにしましょう。

 

やむを得ない場合には仕方ないですがね。

一回で外れないときには

一回でネジが外れないときには、もう一度同じ作業を繰り返します。

 

もう一回ラストブリザードを吹き付けて、数分間待ちます。

 

そうすると外れる場合が多いです。

ラストブリザードのいいところ

ネジが外れないときには、アセチレンで炙って暖めたほうが早く外れます。

 

ですが現場で作業をするときには火を使うことが出来ない場所も多くあります。

 

もし火事にでもなったら大変なことですから。

 

火の使えない場所では、ラストブリザードが活躍します。

 

火を使わないので、安心して使うことが出来る点がラストブリザードのいいところだと思います。

それでも外れないこともあります

それでも外れないことはあります。

 

そんな時には、切断するか、ネジを破壊します。

 

錆びたネジの外し方

 

レグラス(REGULUS) ラストブリザード 550ml バイク オートバイ TAC-208

 

さいごに

ラストブリザードでしたが、いかがでしたか。
錆びたネジを外すときには強い味方です。

 

錆びたネジを外すときにはつかってみるといいです。

 

車のマフラーを外すときにも役に立ったという話を聞いたこともあります。

 

焼きついたボルトにも力を発揮するようです。

 

関連ページ

切削油 ステンコロリン
切削油のステンコロリンを使ってみての感想です。 豆腐にはなりませんでした。
クニペックス コブラ しっかりつかむポンププライヤー
クニペックスのコブラというポンププライヤーについて書いています。
六角棒レンチはPBがいいよ。
六角棒レンチについて書いています。 PBの六角棒レンチは耐久性に優れています。
ネジザウルスはあると便利です
ネジザウルスは使ってみるとその便利さが分かるよ。
メガドラ ベッセルのドライバー
メガドラです。ドライバーの根元の部分にスパナをかけれるのがポイント高いよ!
PBのピンポンチは使いやすい
PBのピンポンチについて書いています。
LLFAテープ 配管の緊急補修に
LLFAテープは配管の緊急補修をするときに便利です。結構止まるんです。
塩ビパイプを切るなら塩ビカッター
塩ビパイプを切るのなら塩ビカッターがあると便利です。
ハードカットドリル 折れ込んだタップの除去に
タップが折れ込んだ時にはハードカットドリルを使ってタップを破壊して除去します。
エアーツール用にオイラーを買ったけどどっちむきにつけるのか
エアーツール用にオイラーを買ったんですが、取り付け方向が書いていませんですた。そこで取り付け方向を調べてみました。
シトラスクリーン 油やペンキも落ちるよ
手を洗うときにあるといいのがクレのシトラスクリーンです。油汚れはもちろんペンキも落とすことができます。
アクリルカッターはポリカを切るときにも使えるよ
アクリルカッターです。 アクリルカッターは少し切るときに便利です。 家庭ではアクリルカッターくらいで十分です。
パイプレンチはコーナーレンチを持っておくとことがおすすめ
パイプレンチですが、1本持っておくのならコーナーレンチを持っておくことがおすすめ
磁石付きのパーツトレイはあると便利です
磁石付きのパーツトレイは一つあるとネジなどン細かな部品が無くならないので便利です。