クニペックス コブラ しっかりつかむポンププライヤー

クニペックスのポンププライヤーのコブラ

コブラって名前がいいでしょ!

 

なんかものすごく強そうな感じがしませんか。

 

実は名前に引かれて買ってみたんですよ。

 

これがなかなかの優れものだったんです。

クニペックス コブラのすごいところ

コブラのすごいところは、そのつかむ力です。

 

コブラって名前、強すぎじゃないかと思うのですが今まで使っていたポンププライヤーと比べるとかなりの使い勝手に良さです。

掴む力が強い

何といってもコブラの良さは掴む力にあります。

 

掴むのは一定の方向だけになりますが、一定方向だと掴む部分がパイプレンチのように刃がついているのでしっかりとものをつかむことが出来るんです。

 

手で持つハンドルの部分がしなることによってより一層掴む力が強くなります。

 

一定の方向に使うとパイプレンチのようにパイプもつかんで回すことができます。

 

パイプレンチの代わりにもなります。

幅の調整が簡単に出来る

コブラのいいところのひとつは、くわえる幅の調整が簡単に行えるところです。

 

ボタンを押さえて幅調整ができます。

 

ポンププライヤーを使っていてストレスになるのは幅調整が難しいところにもあります。

 

せっかく幅を調整していても一度外してしまうと調整した幅が狂ってしまうことがあります。

 

確かに調整するのは慣れると速いかもしれませんが、使い慣れていないとすぐに幅の調整が変わってしまうところはストレスを感じていました。

 

慣れていないせいもあるのでしょうが。普段ポンププライヤーを使うのはネジの修理の時に使うくらいですので。

持ちやすい

使ってみると分かるのですが、コブラは掴んで力を入れた時に持ちての部分がしなります。

 

このしなりがポイントなんです。

 

しなることで、しっかりとワークをつかむこともできますし、このしなりによって少ない力でしっかりと掴めます。

 

しなるので手に余計な力がかかりません。

 

ですので、長い時間作業をしていても疲れにくいです。

 

コブラのポイントはしなりにもあります。

さいごに

クニペックスのコブラはお気に入りの道具です。

 

掴む部分が刃のようになっているので、使っているとだんだん滑るようになってしまいます。

 

パイプレンチなんかと同じです。

 

前に使っていたコブラは滑るようになったので買い替えました。

 

もちろん、コブラに。

 

安心して作業にも使えますし、何といっても信頼感があります。

 

修理をするときには現場がどのような状態かわかりません。

 

なので工具は安心して使えるものでないと。

 

関連ページ

切削油 ステンコロリン
切削油のステンコロリンを使ってみての感想です。 豆腐にはなりませんでした。
ネジを緩めるにはラストブリザード
錆びたネジを緩めるにはラストブリザードがなかなか使えますよ。
六角棒レンチはPBがいいよ。
六角棒レンチについて書いています。 PBの六角棒レンチは耐久性に優れています。
ネジザウルスはあると便利です
ネジザウルスは使ってみるとその便利さが分かるよ。
メガドラ ベッセルのドライバー
メガドラです。ドライバーの根元の部分にスパナをかけれるのがポイント高いよ!
PBのピンポンチは使いやすい
PBのピンポンチについて書いています。
LLFAテープ 配管の緊急補修に
LLFAテープは配管の緊急補修をするときに便利です。結構止まるんです。
塩ビパイプを切るなら塩ビカッター
塩ビパイプを切るのなら塩ビカッターがあると便利です。
ハードカットドリル 折れ込んだタップの除去に
タップが折れ込んだ時にはハードカットドリルを使ってタップを破壊して除去します。
エアーツール用にオイラーを買ったけどどっちむきにつけるのか
エアーツール用にオイラーを買ったんですが、取り付け方向が書いていませんですた。そこで取り付け方向を調べてみました。
シトラスクリーン 油やペンキも落ちるよ
手を洗うときにあるといいのがクレのシトラスクリーンです。油汚れはもちろんペンキも落とすことができます。
アクリルカッターはポリカを切るときにも使えるよ
アクリルカッターです。 アクリルカッターは少し切るときに便利です。 家庭ではアクリルカッターくらいで十分です。
パイプレンチはコーナーレンチを持っておくとことがおすすめ
パイプレンチですが、1本持っておくのならコーナーレンチを持っておくことがおすすめ
磁石付きのパーツトレイはあると便利です
磁石付きのパーツトレイは一つあるとネジなどン細かな部品が無くならないので便利です。