磁石付きのパーツトレイはあると便利です

磁石付きのパーツトレイは部品が無くならないので一つ持っておくと便利

parttorei

 

修理や作業をするときにパーツをばらしたりするとパーツの置き場所に困ることもあります。

 

特に修理をするときには、パーツを置いていると落としてしまい、部品が見つからないということにもなってしまします。

 

 

部品はきちんとどこかに保管するようにした方がいいのですが、置き場所がないこともあります。

 

 

そのような作業をするときには、磁石付きのパーツトレイが活躍します。

磁石付きパーツトレイ

磁石付きのパーツトレイは鉄の部分いくっつけて使うことが出来るのですごく便利です。

 

箱などのパーツトレイでも分解したパーツを入れることはできるのですが、地上より上に置いていると落としてパーツが散乱してしまうこともあります。

 

 

そうするとやっちまったと思いながら、パーツを回収しないとなりません。

 

時間もかかってしまいますし、パーツが全部見つけられないことにもなってしまいます。

パーツが無くなると

パーツが無くなると修理が出来なくなることにもなりますし、もし落ちたパーツがどこかにひっかっかって悪さをするかもしれません。

 

そうすると修理する予定でなかったところまで修理しなくてはならないことにもなってしまいます。

 

 

修理する予定でなかったところを修理することになった時はがっくりきます。

 

 

 

余計な作業はしたくないので、磁石付きのパーツトレイをつかってパーツを落とさないようにします。

 

それでも手が滑って落としてしまうこともあるんですが。

 

 

できるだけパーツを落とすことを少なくしたいので。

 

KTC(ケーテーシー) マグネット付パーツトレイ Φ150×41 YKPTRM

 

さいごに

磁石付きのパーツトレイでした。

 

分解したパーツを置く場所がない時に便利な道具です。

 

 

何種類かもっていますが、小さい丸いタイプのものを使うことが多いです。

 

 

大きなネジは磁力の関係からあまりくっつかないです。

 

小さなパーツはよくくっつきます。

 

もちろん、ステンレスのネジなどをくっつかないので別の方法を考えないといけないです。

 

 

外したものをそこらへんに置いておくよりはなくなる確率が格段に低くなるので、使ってみるといいと思います。

 

関連ページ

切削油 ステンコロリン
切削油のステンコロリンを使ってみての感想です。 豆腐にはなりませんでした。
クニペックス コブラ しっかりつかむポンププライヤー
クニペックスのコブラというポンププライヤーについて書いています。
ネジを緩めるにはラストブリザード
錆びたネジを緩めるにはラストブリザードがなかなか使えますよ。
六角棒レンチはPBがいいよ。
六角棒レンチについて書いています。 PBの六角棒レンチは耐久性に優れています。
ネジザウルスはあると便利です
ネジザウルスは使ってみるとその便利さが分かるよ。
メガドラ ベッセルのドライバー
メガドラです。ドライバーの根元の部分にスパナをかけれるのがポイント高いよ!
PBのピンポンチは使いやすい
PBのピンポンチについて書いています。
LLFAテープ 配管の緊急補修に
LLFAテープは配管の緊急補修をするときに便利です。結構止まるんです。
塩ビパイプを切るなら塩ビカッター
塩ビパイプを切るのなら塩ビカッターがあると便利です。
ハードカットドリル 折れ込んだタップの除去に
タップが折れ込んだ時にはハードカットドリルを使ってタップを破壊して除去します。
エアーツール用にオイラーを買ったけどどっちむきにつけるのか
エアーツール用にオイラーを買ったんですが、取り付け方向が書いていませんですた。そこで取り付け方向を調べてみました。
シトラスクリーン 油やペンキも落ちるよ
手を洗うときにあるといいのがクレのシトラスクリーンです。油汚れはもちろんペンキも落とすことができます。
アクリルカッターはポリカを切るときにも使えるよ
アクリルカッターです。 アクリルカッターは少し切るときに便利です。 家庭ではアクリルカッターくらいで十分です。
パイプレンチはコーナーレンチを持っておくとことがおすすめ
パイプレンチですが、1本持っておくのならコーナーレンチを持っておくことがおすすめ