クレ5-56などの浸透剤はどこにでも使ってはダメですよ!

クレ5-56などの新東西の使い方を誤っていませんか

 

家庭でも浸透剤を持っている方は多いかと思います。

 

代表的なものはクレ5-56ではないかと思います。

 

浸透剤なんですが、使い方を間違えると部品を傷めてしまうことにもなるかもしれません。

 

ドアのヒンジがキーキー音がするときに浸透剤は使ってもいいのか

ドアのヒンジがキーキー言い出すと浸透剤を使うのではないでしょうか。

 

とりあえず使ってしまう人が多いのではないかと思います。

 

使ってすぐには、キーキー音が消えて良かったが、またすぐにキーキーいうようになっていませんか。

 

 

ドアのヒンジには浸透剤はあまり好ましくないからなんです。

 

なぜなら浸透剤はすぐに揮発してしまうんです。

 

スプレーをしたときには、乾いていないのでいいのですが、少しして揮発してしまうと元に戻ってしまうんです。

 

それからさらに浸透スプレーをしてもまた効果はすぐになくなってしまいます。

 

 

自転車のチェーンにも浸透剤をやっていませんか。

 

クレ5-56が代表的なのですが、これもあまり好ましくないです。

 

 

自転車のチェーンでもドアのヒンジでも頻繁に浸透剤をスプレーするのなら問題ないのですが、そんなに頻繁にはスプレーしませんよね。

 

でしたら浸透剤は使わないほうがいいと思います。

 

ではどんなものがいいんでしょうか。

グリース入りのものを使おう

できればグリースを塗っておくのがいいのですが、グリスを塗るときには手も汚れてしまいますし、たくさんつきすぎてしまうとほこりなどがついて汚れてしまうこともあります。

 

そこでグリース入りの潤滑スプレーを使います。

 

グリース入りの潤滑剤は、グリースが揮発しにくいので長い間使うことが出来ます。

 

 

グリース入りの潤滑剤をやっておけばしばらくは滑りをよくしてくれます。

 

KURE(呉工業) グリースメイト (300ml) スプレーグリス [ 品番 ] 1058 [HTRC2.1]

 

グリース入り潤滑剤の使い方

グリース入り潤滑剤を使うときには、今までついている古いグリースを掃除してから使います。

 

ウエスやパーツクリーナーを使って掃除するときれいに掃除することが出来ます。

 

綺麗にした上にグリース入り潤滑剤を吹き付けておけば、長く潤滑状態が続きます。

クレ5-56には洗浄する効果も

古いグリースを掃除するときにパーツクリーナーがなかったらクレ5-56などの浸透スプレーを使って古いグリースを掃除することもできます。

 

やり方は簡単です。

 

古いグリースに浸透スプレーを吹き付けてウエスなどで拭きとります。

 

いっぱいあるときには流れるくらい吹き付けると内部のグリースも除去することが出来ます。

 

綺麗に掃除をしたらグリース入り潤滑剤をスプレーしておきます。

さいごに

ドアのヒンジや自転車のチェーンには浸透スプレーをやらないほうがいいです。

 

先ほども書きましたが、頻繁に浸透剤をやるのなら話は変わってきますが。

 

 

ドアのヒンジとかにはそんなにしないですよね。

 

油なら何でもいいわけではなく、そのものにあったオイルを使わないといけません。

 

 

油には浸透剤もありますし、タッピングなどの切削油もありますから。

 

使い方を間違えないように。

関連ページ

錆びたネジの外し方
錆びついたボルトを外す方法です。 錆びたネジといってもいろいろなパターンがあります。
緩まない配管を外す方法
緩まない配管を緩める方法です。 修理をするにも分解しないことには先にすすめませんから。
LLFAテープを使った配管の補修方法 緊急修理に
LLFAテープを使った配管の補修方法です。
ロックタイト ネジロック263を外したいときには
ロックタイト ネジロック263は永久固定タイプのネジゆるみ止めです。 外そうと思うとなかなか外れないのですが、外す方法はあります。